HOME火災保険・地震保険>地震保険の再保険制度とは

地震保険の再保険制度とは

〜地震の保険金は、最終的に日本政府が補償している〜

大地震が起こって、大きな損害が発生した場合は、民間の損害保険会社だけでは、保険金の支払いに限界があります。

そこで、日本政府が保険料の一部を積み立てて、災害時に備えています。

この制度を再保険制度と呼んでいます。昭和41年に成立した”地震保険に関する法律”によって、この制度が作られました。

そのしくみは、
1. 損害保険会社に納められた地震保険料の内、純保険料を
日本地震再保険(株)に納めます。
2. 日本地震再保険(株)から、純保険料の一部を日本政府に納めます。
3. 日本政府は納められた純保険料を、災害準備金として積み立てます。
4. 地震が起きて損害が発生すると、
日本政府→日本地震再保険(株)→損害保険各社→契約者
の順で補償されます。

*純保険料とは、契約者が納めた保険料から、事務処理費や損害調査費、
  代理店手数料などの付加保険料を、差し引いた保険料のことです。

*日本地震再保険(株)とは、損害保険会社が共同で設立した会社で、
  保険料を管理し日本政府と損保各社との、窓口の役割をはたしています。

<再保険制度のしくみ>
再保険制度のしくみ

地震保険は、この再保険制度によって、実質的に国が補償する保険といえます。
このため、損保各社の補償内容は、ほとんど違いがないのが現状です。

なお、この制度では政府が補償する保険金には、限度額が設けられていますので、政府が無制限で全ての保険金を、支払うわけではありません。あくまで、定められた保険金限度額が上限となっています。

しかし、この限度額は関東大震災クラスの大地震が起こっても、十分な補償ができるようになっています。ですから、ほとんど全ての地震で、満額の地震保険金が支払われることは、確実といえます。

・次ページ →地震保険の用語

HOME
火災保険・地震保険
火災保険とは
火災保険の目的
火災保険の補償内容
火災保険の比較
住宅火災保険
住宅総合保険
普通火災保険
店舗総合保険
団地保険
火災保険と失火責任
(賃貸の場合)
火災保険と失火責任
(持家の場合)
火災保険の特約
価額協定保険特約とは
保険金の支払いについて
住宅金融公庫の火災保険
公庫の特約火災保険の補償
火災保険の用語
地震保険とは
地震保険の補償
地震保険の保険料
地震保険料の実例・木造
地震保険料の実例・非木造
地震保険の再保険制度とは
地震保険の用語

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved