HOME火災保険・地震保険>火災保険の目的

火災保険の目的

〜損害があったときに、保険金の支払い対象となるもの〜

火災保険の目的とは、実際に保険をかける対象物のことをいいます。

建物や家具、家電製品などの家財が保険の対象となり、言い換えると不動産と動産の2つに分けられます。

火災保険をかける場合は、建物と家財は別々の扱いになっていますので、それぞれで加入手続きが必要です。

また、家財に火災保険をかけるとき注意すべきなのは、明記物件があるということです。明記物件とは、保険契約時に契約書に明記しておかないと、火災で損害があったときでも、保険金が支払われないものをいいます。

ただし、保険の種類や建物と家財のどちらに保険をかけているかによっても、変わってきますのでご注意ください。

保険の目的となるものを、細かくみてみると以下のようなものがあります。

<建物=不動産>
 ・建物・・・基礎、土台、柱、はり、外壁、小屋組などの主要構造部
 ・建物に付属する構造物・・・生垣、塀、門、車庫、物置、
 ・建物に付属する設備・・・給排水設備、空調設備、電気設備、ガス設備

<家財=動産>
 ・建物の中にある家具、家電製品、建具、タタミなど。保険加入者と同一生計の、
  親族の家具も含まれます。
 ・設計図書、帳簿、模型、木型、ひな形、などこれに準ずるもの

 ・1個または1組の価格が30万円を超える、美術品、貴金属、骨董品、書画、
  彫刻など
 ・現金、株券、印紙、切手、預貯金通帳など

 ・自動車、バイク(原付を除く自動二輪車)
 ・その他の生活上必要な家財

保険契約時は、明記物件については細かく確認して、記入漏れがないようにしましょう。もし、わからないことがあるときは、迷わず窓口の担当者に詳しく説明を受けてから、記入するようにします。

・次ページ →火災保険の補償内容

HOME
火災保険・地震保険
火災保険とは
火災保険の目的
火災保険の補償内容
火災保険の比較
住宅火災保険
住宅総合保険
普通火災保険
店舗総合保険
団地保険
火災保険と失火責任
(賃貸の場合)
火災保険と失火責任
(持家の場合)
火災保険の特約
価額協定保険特約とは
保険金の支払いについて
住宅金融公庫の火災保険
公庫の特約火災保険の補償
火災保険の用語
地震保険とは
地震保険の補償
地震保険の保険料
地震保険料の実例・木造
地震保険料の実例・非木造
地震保険の再保険制度とは
地震保険の用語

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved