HOME生命保険>定期付終身保険

定期付終身保険

〜終身保険に一定期間高い保障をプラスした保険〜

定期付終身保険とは、終身保険定期保険を特約としてプラスした保険で、正式には”定期保険特約付終身保険”と呼ばれています。

終身保険は、亡くなったときや高度障害になったときに保険金が支払われ、この保障が一生続きます。

つまり、必ず保険金を受け取ることができるわけです。

一方、定期保険は保険加入期間だけ死亡や高度障害に対して、保険金が支払われるもので、満期に生存していたら保険金を受け取ることはできません。

このことから、定期保険は終身保険に比べて、かなり割安な保険料となっていて、ある一定期間だけの保障には、お得な保険といえます。

定期付終身保険を利用する具体的なケースとしては、夫婦に子供がいて、その子供が小学校に入学した頃があげられます。

この頃から、子供の養育費は家計にかなりのウエイトをしめてきます。このときに、一家の働き手が亡くなった場合の保障として、子供が自立できるまでの期間だけ、定期保険の特約を付けるわけです。

もちろん、終身保険によって一生涯の保障も同時に確保するわけです。

定期保険は、保険料が安いわりに保険金が高く設定されています。終身保険は、保険料が割高で保険金もそこそこですが、一生涯の保障が付きます。

定期付終身保険は、この2つの保険の特徴を考えて、補うように利用するのが上手な利用方法です。

なお、特約部分の定期保険については、”更新型”と”全期型”の2つのタイプがあります。

更新型とは、10年などの一定の期間ごとに更新されるタイプで、更新時に定期保険部分の保険料が高くなるものです。

このとき、保険料が大幅にアップすることもありますので、契約前に必ず確認しておくことをおすすめします。

また、全期型とは、契約時から定期保険の特約の契約終了まで、保険料が変わらないものをいいます。

・次ページ →養老保険

HOME
生命保険
生命保険の種類
生命保険の用語
生命保険の特約
個人年金保険
個人年金の種類
終身保険
定期保険
定期付終身保険
養老保険
変額保険
学資保険
簡易保険
JA共済
全労済
生命保険料控除
生命保険料控除額
満期保険金・解約返戻金の税金
死亡保険金の税金

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved