HOME生命保険>生命保険の用語

生命保険の用語

〜よく使われる生命保険の用語について〜

生命保険でよく使われている基本的な用語には、下記のものがあります。特に、契約者、被保険者、保険金受取人については、誤解しやすいのでよく理解しておくとよいでしょう。

保険契約者 保険会社と直接に保険契約を結ぶ人のことで、掛け金の支払いや保険解約などの、契約上の義務と権利がある人。
保険契約者と保険金受取人は、同一人物とは限りません。

被保険者 保険加入者本人のことです。
この人が死亡したり、ケガや病気、あるいは高度の障害者になった場合に、保険金が支払われます。
つまり、保険金支払いの対象になる人です。

保険金受取人 被保険者が死亡、病気、高度障害者になったときに、保険金を受け取る人です。保険契約者や被保険者、あるいは他の第三者も保険金受取人になることができます。

特 約 メインの保険契約に他の保障をプラスして、保険内容を充実させることです。  *詳細→生命保険の特約

多くの保険会社では、この特約を付けた様々な保険商品を用意して、サービスを充実させています。

ただし、特約だけの保険契約は不可能で、必ずメインの保険にプラスした形でしか、特約を利用することはできません。

告 知 保険契約時に、保険契約者や被保険者が、保険の契約内容に関する事柄を申告することです。

例えば、契約前から障害があったにもかかわらず、これを秘密にして申告しなかったときは、保険金が支払われないことがあります。

契約の承諾 保険会社が保険に加入することを認め、その旨契約者に通知することです。

責任開始日 保険会社が契約上の義務を開始する日のことで、簡単にいうと、この日から被保険者の死亡、病気入院したときに、保険金の支払いが発生します。

保険会社の契約の承認の後、契約の申込み、告知、診断、最初の保険料の支払いが全て終了した日が、責任開始日となります。

・次ページ →生命保険の特約

HOME
生命保険
生命保険の種類
生命保険の用語
生命保険の特約
個人年金保険
個人年金の種類
終身保険
定期保険
定期付終身保険
養老保険
変額保険
学資保険
簡易保険
JA共済
全労済
生命保険料控除
生命保険料控除額
満期保険金・解約返戻金の税金
死亡保険金の税金

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved