HOME生命保険>生命保険の種類

生命保険の種類

〜たくさんある生命保険も、大別すると3つのタイプ〜

生命保険を選ぶとき、いろんな種類があって迷ってしまうことはないでしょうか?
特に専門用語がたくさん出てくると、よくわからなくなるものです。

しかし、全ての生命保険は、大きく分けて下記の3つのタイプの、いづれかに区分できます。

この3つのタイプをベースにして、保険会社は様々な”特約=オプション”を組み合わせて、保険サービスを提供しているのです。

1. 死亡保険
被保険者(=保険加入者)が死亡、あるいは高度な障害になった場合に、保険金が支払われます。特に万一のときに備えた保険といえます。

2. 生存保険
契約してから一定の保険期間、あるいは満期まで生存していた場合に限り、保険金が支払われるものです。もし死亡した場合、保険金の支払いは行なわれません。

保険金の支払いが必ずしも発生しないため、掛金が一番低く設定されています。

3. 生死混合保険
死亡保険と生存保険をミックスした保険です。
死亡、高度障害になったときと、満期まで生存していたときの両方のケースで、保険金が支払われます。

必ず保険金の支払いが発生するので、掛金が一番高く設定されています。
一般的に個人の生命保険では、このタイプの保険が一番多くなっています。

・次ページ →生命保険の用語

HOME
生命保険
生命保険の種類
生命保険の用語
生命保険の特約
個人年金保険
個人年金の種類
終身保険
定期保険
定期付終身保険
養老保険
変額保険
学資保険
簡易保険
JA共済
全労済
生命保険料控除
生命保険料控除額
満期保険金・解約返戻金の税金
死亡保険金の税金

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved