HOME生命保険>満期保険金・解約返戻金の税金

満期保険金・解約返戻金の税金

〜満期保険金・解約返戻金には、所得税か贈与税が課税される〜

生命保険が満期になったときや解約したときの返戻金には、一定の税金が課されます。

死亡保険金の税金のときと同様に、保険契約者、被保険者、保険金受取人の3者の関係で、課税方法が変わってきます。それをまとめると下表のようになります。

保険契約者 被保険者 保険金受取人 税の種類
・一時所得(所得税)
(保険金額−支払い保険料−50万円)
×1/2×税率
ただし、一時払いで5年満期以上の養老保険の、
5年以内の解約については、20%の源泉分離課税
・贈与税
(受取金額−110万円)×税率

・保険契約者 保険会社と保険契約をした人で、保険料の支払い義務や保険内容を変更する権利を持つ人です。

・被保険者 保険加入者のことで、この人が死亡、病気、ケガをしたときに保険金が支払われます。

・保険金受取人 保険金を実際に受け取る人です。

・次ページ →死亡保険金の税金

HOME
生命保険
生命保険の種類
生命保険の用語
生命保険の特約
個人年金保険
個人年金の種類
終身保険
定期保険
定期付終身保険
養老保険
変額保険
学資保険
簡易保険
JA共済
全労済
生命保険料控除
生命保険料控除額
満期保険金・解約返戻金の税金
死亡保険金の税金

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved