HOME生命保険>簡易保険

簡易保険

〜わずかな補償でも、手続き簡単な郵便局の保険〜

簡易保険とは、郵政公社が運営する生命保険で、”かんぽ”の愛称で親しまれています。全国どこの郵便局でも、手軽に申し込むことができます。

簡易保険のしくみは、民間保険会社とほぼ同様で、学資保険、定期保険をはじめ年金保険まで揃っていて、年金は75才まで、保険は70才まで加入することができます。

簡易保険の特徴としては、以下のものがあげられます。

1. 保険加入時の審査が必要ありません。
民間保険の場合は、保険加入時に医師による、健康状態の審査が必要です。

しかし、簡易保険では加入者本人の申告(=告知)と、郵便局員の簡単な面接だけとなっています。

2. 職業による制限がありません。
民間保険では、保険加入者の職業によっては、保険金額が低く抑えられたり、支払う保険料が割高になることもあります。

特に危険な職業に就いているときは、最悪の場合、加入自体が出来ないこともあります。しかし、簡易保険では職業による扱いの違いは、一切ありません。

3. 保険金額が民間保険よりも、低く設定されています。
簡易保険の保険金額の上限は、原則として15才以下で700万円、16才以上で1,000万円となっており、加入後4年経過した一部の契約については、1,300万円までの増額が可能となっています。

また、年金保険では基本年金の上限が90万円となっており、民間保険よりかなり低い水準となっています。

ちなみに、一般的な民間保険では、保険金額の上限は約3億円、年金保険の基本年金額は、約3,000万円が上限となっています。簡易保険は、両方とも約1/30以下の水準となっています。

ただ、手軽に加入できる利便性と、かなり低額な保障からでも加入できる簡易保険は、利用価値が十分あるといえます。

4. 倍額保障制度があります。
簡易保険加入後1年6カ月経過して、事故や伝染病で死亡、高度障害になったときは、倍額の保険金を受け取ることができます。

ただし、事故や伝染病が原因で180日以内の死亡、高度障害の場合に限られ、一部の保険では倍額の保険金に、達しないものもあります。

民間保険では、最初からこのように倍額保障はなく、特約を付けなければ保険金の増額ができないのが通常です。

郵政公社が民営化された場合は、上記の簡易保険の内容も大きく変わる、可能性もありますので、ご注意ください。

・次ページ →JA共済

HOME
生命保険
生命保険の種類
生命保険の用語
生命保険の特約
個人年金保険
個人年金の種類
終身保険
定期保険
定期付終身保険
養老保険
変額保険
学資保険
簡易保険
JA共済
全労済
生命保険料控除
生命保険料控除額
満期保険金・解約返戻金の税金
死亡保険金の税金

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved