HOME生命保険>変額保険

変額保険

〜保険契約者がチョイスできる変動型保険〜

変額保険とは、保険料の運用成績によって保険金や、解約返戻金が増減する保険です。

一般の保険は、保険料を保険会社が自主判断で運用します。

しかし、変額保険の場合は”特別勘定”と呼ばれる運用ファンドを、保険契約者自身が選んで、その運用成績が保険金や解約返戻金に反映されます。

つまり、運用成績の責任は、一般の保険では保険会社にあり、変額保険では運用ファンドを選んだ、契約者の自己責任となります。

変額保険には大きく分けて以下の3つのタイプがあります。

1. 終身型・・・一生涯、死亡や高度障害の保障が続くタイプ。
2. 有期型・・・保険契約時に定めた期間だけ保障があるタイプ。
3. 個人年金型・・・一定期間、保険料を払込むと年金が給付されるタイプ。運用成績により年金額が変わり、最低保障もありませんが年金給付前に死亡したときは、死亡保険金を受け取ることができます。

変額保険は、運用成績というリスクが伴いますが、内容をよく理解して利用すれば、リスクを最小限に抑えることができます。

以下に、変額保険の特徴を取り上げました。

A. 運用成績によって保険金額が増減
一般の定額保険では、最初から保険金額が決まっていて安心ですが、変額保険は常に運用成績によって変わってきます。

最悪の場合は、保険金がまったく支払われないケースがあるのでは?
と考える方もいるかもしれませんが、実は最低保障が設定されているのです。

例えば、死亡保険の契約時に”基本保険金額”を3,000万円と決めておけば、どんなに運用成績が悪くても死亡時には3,000万円満額を、死亡保険金として受け取ることができます。

このケースでは、マイナスの保険金分は保険会社が、負担することになります。逆に運用成績がよい場合、その分は3,000万円に上乗せして、保険金として支払われます。

B. 運用成績によって解約返戻金が増減
契約期間中に、保険を解約したときの契約返戻金も保険金と同様に、運用成績によって増減します。

ただし、基本保険金と違い最低保障はありません。つまり、まったく支払いがない場合もあれば、予想外に多額の解約返戻金の、支払いがあることもあります。

C. 契約者自身が運用の方法を選択できる
変額保険の場合は定額保険と違い、保険会社が用意した特別勘定と呼ばれる、運用ファンドの中から選ぶことができます。

この特別勘定には、日本の債権(=国債や公社債)、世界の債権、日本の株式、世界の株式など・・・、保険会社によって指定されたものが、複数用意されています。

この中から契約者自身の判断で選択して、それを保険会社が運用するわけです。この運用ファンドを選ぶポイントは、過去のファンドの運用成績のチェックと、最近の株式や債券の動向を事前に確認してから選ぶことです。

運用ファンドの選択によっては、好調な運用成績のものがあり、かなりの保険金や解約返戻金の、受取りも可能となっています。

・次ページ →学資保険

HOME
生命保険
生命保険の種類
生命保険の用語
生命保険の特約
個人年金保険
個人年金の種類
終身保険
定期保険
定期付終身保険
養老保険
変額保険
学資保険
簡易保険
JA共済
全労済
生命保険料控除
生命保険料控除額
満期保険金・解約返戻金の税金
死亡保険金の税金

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved