HOME生命保険>学資保険

学資保険

〜子供の学費を前もって準備しておく保険〜

学資保険とは、子供が高校や大学に進学するときに必要となる、学費の貯蓄を目的とした保険です。

学資保険には、各保険会社や郵便局から様々な、バリエーションのものが用意されていますので、よく吟味して選ぶことをおすすめします。

学資保険の保険内容は、基本的に以下の3つの事項からなっています。

1. 将来の学費に備えた資金の貯蓄
子供が中学や高校、大学に入学する、何かと出費が多いときに”お祝い金”が支給され、満期時には”満期保険金”がもらえるタイプが一般的です。

学資保険に加入する大半は、これを目的として加入する人が多いようです。ただ、現在の低金利時代では、払い込み保険料の総額に対しての利息は、あまり期待できないのが現状です。

2. 親が死亡したときの学費の保障
契約中に万一、親が亡くなった場合はそれ以降の、保険金の支払いが免除されます。
つまり、満期までの保険料を一切支払わなくても、お祝い金や満期保険金が受け取れるわけです。

また、学資保険によっては、満期までに一定額の育英年金が、支給されるものもあります。
一般の貯蓄とは違い、万一のことがあっても満期まで必ず保障が継続されるのは、かなりのメリットがあります。

3. 子供の医療・死亡保障
子供が病気やケガをしたときには医療給付金が、亡くなったときには死亡給付金が支給されるものです。

学資保険本来の目的とは、多少違う保障ですが子供のための総合保険として、商品化されています。

この保障に関しては、別に特約として用意されているケースが多く、特に死亡保障はその傾向が高いようです。

それぞれの学資保険によって、上記の3つの事項の保障内容も、比重の置き方も違っています。

まずは今現在、親がすでに加入している保険内容を確かめてから、学資保険を選ぶのが一番よい方法です。

例えば、親がすでに定期保険に加入していて、亡くなったときの受け取り保険金で、家族の生活費や子供の学費をまかなえる場合は、上記2.の親が死亡したときの学費の保障は必要なくなります。

反対に、定期保険の死亡保険金では不安な場合は、学費の保障と貯蓄性、両方のバランスの取れた、学資保険が適しているといえます。

・次ページ →簡易保険

HOME
生命保険
生命保険の種類
生命保険の用語
生命保険の特約
個人年金保険
個人年金の種類
終身保険
定期保険
定期付終身保険
養老保険
変額保険
学資保険
簡易保険
JA共済
全労済
生命保険料控除
生命保険料控除額
満期保険金・解約返戻金の税金
死亡保険金の税金

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved