HOME雇用保険(失業保険)・2>失業手当の給付額

失業手当の給付額

〜失業手当の額は、給与額と年令で変わってくる〜

雇用保険から、実際に給付される失業手当を「基本手当」といいます。

基本手当の額は、その人が退職前6カ月間の賃金と、そのときの年令で決まります。

具体的な内容は、以下のようになっています。

1.賃金日額の計算
まず、退職前6カ月間のボーナスを除く、賃金を180日で割った額を計算します。
これを「賃金日額」といい、賃金には残業代や諸手当も含まれます。

ただし、賃金日額には、年令によって下限額と上限額が決まっており、高い給与だった場合でも、上限額以上にはなりません。

年 令 賃金日額の下限額と上限額
 30才未満 2,080〜12,790円
 30才以上〜45才未満 2,080〜14,200円
 45才以上〜60才未満 2,080〜15,620円
 60才以上〜65才未満 2,080〜15,130円
*平成18年8月現在

2.基本手当日額の計算
次に、賃金日額に、決められた一定の給付率をかけると、1日あたりの基本手当(失業手当)が計算できます。これを、「基本手当日額」といい、実際に受け取る手当です。

基本手当日額にも年令によって下表のように、下限額と上限額が決まっています。
(*いずれも平成18年8月現在)

<60才未満の人>
賃金日額 給付率 基本手当日額
(実際に受け取る失業手当)
 2,080〜4,100円 80% 1,664〜3,280円
 4,100〜11,870円 50〜80% 3,280〜5,935円
 11,870〜15,620円 50% 5,935〜7,810円

<60才以上〜65才未満の人>
賃金日額 給付率 基本手当日額
(実際に受け取る失業手当)
 2,080〜4,100円 80% 1,664〜3,280円
 4,100〜10,640円 45〜80% 3,280〜4,788円
 10,640〜15,130円 45% 4,788〜6,808円
(給付率45〜80%の部分については、規程がありますのでハローワークへのお問合せをおすすめします。)

以上を計算式にまとめると、次のようになります。
基本手当日額
(失業手当)
退職前6カ月間の
ボーナスを除く賃金
÷ 180日 × 45〜80%(給付率)

例えば、
退職時43才で、退職前6カ月間の賃金(ボーナスを除く)が270万円だった場合は、

賃金日額=2,700,000円÷180日=15,000円となりますが、
     ↓
賃金日額の上限が14,200円のため、
     ↓
基本手当日額(失業手当)=14,200円×50%=7,100円となります。
(給付率50%の場合)

・次ページ →失業手当の給付日数

HOME
雇用保険(失業保険)・2
失業手当の受給条件
失業手当の受給期間の延長
失業手当の給付額
失業手当の給付日数
雇用保険の不正受給
失業給付の種類
傷病手当
技能習得手当
高年齢再就職給付金
高年齢求職者給付金
就業手当
再就職手当
常用就職支度手当
移転費の補助
広域求職活動費
教育訓練給付制度
教育訓練給付金の支給条件
高年齢雇用継続基本給付金
介護休業給付
未払い賃金の立替払い制度

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved