HOME雇用保険(失業保険)・2>就業手当

就業手当

〜失業中にパートやアルバイトをしたときは、就業手当の支給〜

再就職したりパートやアルバイトで働くと、雇用保険の失業手当(=基本手当)がもらえなくなります。

そのかわり、再就職したときには、再就職手当常用就職支度手当がもらえ、パートやアルバイトでは、「就業手当」がもらえます。

ここでは、就業手当について。
就業手当の対象となるパート、アルバイトとは、1日単位で雇用される仕事や、1年以内の契約で働くことをいいます。

1日あたりの就業手当の額は、基本手当日額×3/10になっていますが、
基本手当日額には、
・60才未満で5,935円
・60才以上〜65才未満で4,788円
の上限があります。

就業手当を受け取った日は、基本手当を受け取ったものとみなされます。つまり、パートやアルバイトで働いた日は、基本手当のかわりに就業手当が、支給されることになります。

例えば、
・年令28才
・基本手当日額4,000円
・28日間の内、10日間パートかアルバイト
で働いた場合は、

就業手当=4,000円×3/10×10日=12,000円
基本手当=4,000円×(28日-10日)=72,000円
で、合計12,000円+72,000円=84,000円の受け取り額となります。

ただし、就業手当の1日あたりの支給額にも、
・60才未満で1,780円
・60才以上〜65才未満で1,436円
の上限があります。

就業手当の手続きは、ハローワークで4週間に1度行なわれる認定日に、認定日までの4週間分の、パートやアルバイトで働いた分を申請します。
*参考→雇用保険の手続きの流れ

ハローワークの窓口にある「就業手当支給申請書」に、パート、アルバイトの明細書と、受給資格者証を添えて申請します。

また、就業手当をもらうには、以下の条件を全て満たしている必要があります。

1. 働いた前日の時点で、基本手当給付日数が総給付日数の1/3以上、かつ45日以上残っていること
2. 待期期間(7日間)後に働いたこと
3. 3カ月間の給付制限がある人は、給付制限終了後の最初の1カ月間は、ハローワークか民間の転職斡旋で働いたこと
4. ハローワークへの求職の申込みの前に、働き先が決まっていないこと
5. 退職した前の会社で、再び働かないこと

・次ページ →再就職手当

HOME
雇用保険(失業保険)・2
失業手当の受給条件
失業手当の受給期間の延長
失業手当の給付額
失業手当の給付日数
雇用保険の不正受給
失業給付の種類
傷病手当
技能習得手当
高年齢再就職給付金
高年齢求職者給付金
就業手当
再就職手当
常用就職支度手当
移転費の補助
広域求職活動費
教育訓練給付制度
教育訓練給付金の支給条件
高年齢雇用継続基本給付金
介護休業給付
未払い賃金の立替払い制度

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved