HOME雇用保険(失業保険)・2>傷病手当

傷病手当

〜就職活動中に、病気になったらもらえる手当〜

ハローワークから失業手当(=基本手当)を受け取り、就職活動しているときに病気やケガをしたとき、基本手当は一体どうなるのでしょうか。

基本手当は、働く意思があり就職先があったときはすぐに働ける人に、支給されるのが原則です。

ただし、病気やケガをした人を支援するために、病気やケガの期間によって、次の3つのケースが用意されています。

1. 14日以内の場合
基本手当がそのままもらえます。医師の診断書を提出して、認定を受ければ
OKで、もし、ハローワーク指定の認定日に行けないときは、その次の認定日に認定を受けます。

2. 15日以上から30日未満の場合
基本手当の代わりに、傷病手当(基本手当と同額)がもらえます。病気やケガが治った後の、最初の認定日に傷病手当の申請手続きをします。

3. 30日以上の場合
傷病手当をもらうか、受給期間の延長をするか、どちらかを自由に選ぶことができます。

傷病手当をもらうときは、ハローワークの指示に従い手続きをすれば、ハローワークが決めた日に、傷病手当(基本手当と同額)を受け取ることができます。

受給期間を延長するときは、病気やケガで30日以上働けなくなった翌日から、1カ月以内に「受給期間延長申請書」を提出して、手続きします。

なお、傷病手当を受け取った日数は、基本手当の総給付日数から差し引かれます。例えば、総給付日数が180日で、傷病手当を60日受け取った場合は、基本手当の受け取り期間は120日となります。

また、傷病手当がもらえないケースは以下のときです。

1.基本手当をもらっているとき
2.待期期間(7日間)と、給付制限(3カ月間)の間
3.健康保険、労災保険から、傷病手当金や休業補償をもらっているとき
4.子供の出産予定日の6週間前(双子以上のときは、14週間前)から、
  出産8週間までの間
<傷病手当の手続き>
申請先 ・住所地を管轄するハローワーク
申請人 ・本人or代理人(郵送でも可)
必要書類 ・傷病手当支給申請書・・・用紙はハローワークで受け取り、
 医師の証明をもらいます。
・受給資格者証
・失業認定申告書
・印鑑

・次ページ →技能習得手当

HOME
雇用保険(失業保険)・2
失業手当の受給条件
失業手当の受給期間の延長
失業手当の給付額
失業手当の給付日数
雇用保険の不正受給
失業給付の種類
傷病手当
技能習得手当
高年齢再就職給付金
高年齢求職者給付金
就業手当
再就職手当
常用就職支度手当
移転費の補助
広域求職活動費
教育訓練給付制度
教育訓練給付金の支給条件
高年齢雇用継続基本給付金
介護休業給付
未払い賃金の立替払い制度

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved