HOME雇用保険(失業保険)・2>高年齢求職者給付金

高年齢求職者給付金

〜65歳以上の退職者は、一括で給付金が支給される〜

退職した人が65歳未満で失業状態のときは、失業手当(=基本手当)が支給されます。

しかし、65歳以上の場合は、基本手当ではなく「高年齢求職者給付金」が、一時金として支給されます。

65歳未満で支給される基本手当と、高年齢求職者給付金を比べると、下図のようになります。

<満65歳以上>
高年齢求職者給付金
<満65歳未満>
基本手当(自己都合で退職した場合)
被保険者期間
(雇用保険加入
期間)
給付額
(基本手当×日数)
被保険者期間
(雇用保険加入期間)
給付日数
1年未満 30日分 10年未満 90日
1年以上 50日分 10年以上〜
20年未満
120日
20年以上 150日

例えば、20年以上雇用保険に加入していた人で、基本手当日額が6,000円の場合、

・満65歳以上で退職したときは、6,000円×50日=30万円となります。
・満65歳未満で退職したときは、6,000円×150日=90万円となります。

このように65歳を境にして、支給額が大きく変わってきます。これだけを見ると、65歳になる前に退職して基本手当をもらった方が得に思えます。

しかし、65歳の誕生日が定年退職のケースで、基本手当をもらうために退職した場合、自己都合による退職となり、3カ月間の給付制限があります。

また、基本手当をもらっていると、老齢厚生年金は65歳からの支給となるなど、不利な点もありますので、よく検討してから退職日を選んだ方がよいでしょう。

なお、雇用保険法では、年齢を計算するとき
”その人の誕生日の前日を満年齢とする”と決められていますので、注意する必要があります。

例えば、8月12日で満65歳になる人は、雇用保険法からみると8月11日で、満65歳になったとみなされます。

つまり、満65歳の誕生日の2日前までが満64才で、1日前には、すでに満65歳になったとして扱われるのです。

高年齢求職者給付金の手続きは、普通の雇用保険の手続きと変わることはありません。ただ、給付金は一時金として支給されますので、基本手当のように4週間に1度、ローワークで失業の認定を受ける必要がありません。

(正確には、定年退職した人は1回の失業認定、自己都合で退職した人は2回の失業認定だけとなります。)

定年で退職した人は、7日間の待期期間後に失業の認定があり、給付金が支給されます。 *詳細→定年時の雇用保険の手続き

また、自己都合で退職した人は、7日間の待期期間+3カ月間の給付制限を過ぎた後で、失業の認定があり、給付金の支給となります。
*詳細→自己都合の雇用保険の手続き

・次ページ →就業手当

HOME
雇用保険(失業保険)・2
失業手当の受給条件
失業手当の受給期間の延長
失業手当の給付額
失業手当の給付日数
雇用保険の不正受給
失業給付の種類
傷病手当
技能習得手当
高年齢再就職給付金
高年齢求職者給付金
就業手当
再就職手当
常用就職支度手当
移転費の補助
広域求職活動費
教育訓練給付制度
教育訓練給付金の支給条件
高年齢雇用継続基本給付金
介護休業給付
未払い賃金の立替払い制度

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved