HOME雇用保険(失業保険)・2>高年齢雇用継続基本給付金

高年齢雇用継続基本給付金

〜定年後に給料が大幅に下がったとき〜

高年齢雇用継続基本給付金とは、定年後も働いている60歳以上65歳未満の人に、毎月支給される給付金です。

ただし、給料が定年前の75%未満に下がり、失業手当(=基本手当)や再就職手当を受け取らずに、働いている人に限られます。

(また、基本手当をもらっているときに再就職した人には、高年齢再就職給付金が用意されています。)

高年齢雇用継続基本給付金を受け取るには、以下の条件を全て満たしていなければなりません。

1. 基本手当や再就職手当を、受け取らずに働いている人。
2. 現在の給料が、60歳になる直前6カ月間の、平均月額(ボーナスは含まれません)の75%未満のとき。
3. 60歳以上〜65歳未満の被保険者であること。つまり、60歳以上になっても、雇用保険に加入していることが必要です。
4. 被保険者期間(=雇用保険加入期間)が、通算して5年以上必要。
以前に、基本手当をもらったことがある人は、基本手当の受け取り終了から、
5年以上たっていることが条件です。

その期間、転職した場合でも通算できますが、次の会社に入社するまでの期間が、1年以上あるときは通算できません。
5. 60歳以降にもらう給料が、支給限度額の340,733円以下(平成18年8月現在)のとき。

高年齢雇用継続基本給付金の支給期間は、60歳になった月〜65歳になる月まで支給されます。

また、具体的な支給額は、以前の給料に比べてどのくらい下がったかによって、以下のように変わってきます。

60歳になる直前、つまり定年退職直前の6カ月間の平均の給料を100として、
現在の給料が

A.75%以上のとき・・・給付金の支給はありません。
B.61%以上〜75%未満のとき・・・現在の給料の15〜0%が支給されます。
C.61%未満のとき・・・現在の給料の15%が支給されます。


ただし、現在の給料と給付金の合計額は340,733円が上限で、計算した給付額が1,656円以下の場合は、支給されません。

高年齢雇用継続基本給付金の手続きは、ハローワークに給付金の申請が必要ですが、通常は勤務先の会社で行うことになっています。

なお、この給付金を受け取ると在職老齢年金の支給額が、減額される場合がありますので、事前に管轄の社会保険事務所に、確かめておくのがよいでしょう。

・次ページ →介護休業給付

HOME
雇用保険(失業保険)・2
失業手当の受給条件
失業手当の受給期間の延長
失業手当の給付額
失業手当の給付日数
雇用保険の不正受給
失業給付の種類
傷病手当
技能習得手当
高年齢再就職給付金
高年齢求職者給付金
就業手当
再就職手当
常用就職支度手当
移転費の補助
広域求職活動費
教育訓練給付制度
教育訓練給付金の支給条件
高年齢雇用継続基本給付金
介護休業給付
未払い賃金の立替払い制度

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved