HOME雇用保険(失業保険)・2>常用就職支度手当

常用就職支度手当

〜障害のある人や45才以上の人が、再就職するともらえる〜

失業手当(=基本手当)をもらっているときに、再就職したら再就職手当、パートやアルバイトをしたら就業手当が支給されます。

これらの手当をもらえるのは、基本手当の支給残日数が、総給付日数の1/3以上かつ45日以上残っていることが必要です。

つまり、基本手当をもらえる日数が一定以上、残っていないと手当が支給されません。

しかし、常用就職支度手当は、次の条件を全て満たしていれば、基本手当をもらえる日数が、一定以下であっても支給されます。(一時金で一括支給)

1. 基本手当の支給残日数が、総給付日数の1/3未満または、45日未満であること(つまり、再就職手当を受け取れないこと)
2. 再就職したときの年令が45才以上(再就職援助計画の対象者)か、障害者などが再就職したとき

*再就職援助計画の対象者とは、定年やリストラで退職した45才以上65才未満の人です。これらの人を雇用していた会社は、退職した人の再就職の援助計画書を作成して、ハローワークへの提出が義務付けられています。
3. 再就職先で、1年を超えて勤務することが確かなこと
4. 待期期間(7日間)や給付制限(3カ月間)が過ぎていること
5. 再就職先で雇用保険に加入すること(ただし、パートやアルバイトの短期労働者は除く)
6. ハローワークや民間の転職斡旋で再就職したこと
7. 退職した前の会社で再び雇用されていないこと
8. 過去3年間に再就職手当、早期再就職支援金(平成16年に廃止)、常用就職支度手当を受け取っていないこと

常用就職支度手当の額は、支給残日数によって下表のようになっています。
失業手当(=基本手当)の
支給残日数
支 給 額
 90日以上  基本手当日額×27日
 45日以上〜90日未満  基本手当日額×支給残日数×3/10
 45日未満  基本手当日額×45日×3/10

例えば、
・年令50才
・基本手当日額5,000円
・支給残日数50日
の場合は、5,000円×50日×3/10=75,000円が一括で支給されます。

常用就職支度手当の手続きは、再就職した日の翌日から1カ月以内に、ハローワークにある「常用就職支度手当申請書」に、受給資格者証と印鑑を用意して申請します。

・次ページ →移転費の補助

HOME
雇用保険(失業保険)・2
失業手当の受給条件
失業手当の受給期間の延長
失業手当の給付額
失業手当の給付日数
雇用保険の不正受給
失業給付の種類
傷病手当
技能習得手当
高年齢再就職給付金
高年齢求職者給付金
就業手当
再就職手当
常用就職支度手当
移転費の補助
広域求職活動費
教育訓練給付制度
教育訓練給付金の支給条件
高年齢雇用継続基本給付金
介護休業給付
未払い賃金の立替払い制度

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved