HOME雇用保険(失業保険)・2>技能習得手当

技能習得手当

〜公共職業訓練を受講すると、終了するまで手当の支給がある〜

一般的な事務職とは違い、特別な技能や技術を身に付けていると、再就職で非常に有利になります。

そこで、ハローワークでは公共職業訓練を受講して、技術や技能の習得をすすめています。

失業手当(=基本手当)をもらっている人が、この訓練を受講すると基本手当に上乗せして、受講手当、通所手当、寄宿手当などの技能習得手当が支給されます。

それぞれの手当の内容は、次のようになっています。
1. 受講手当
基本手当の支給対象日に、職業訓練を受講すると1日あたり、500円の手当が支給されます。ただし、待期期間(7日間)や傷病手当が支給された日、職業訓練を受講しない日は支給されません。

2. 通所手当
職業訓練施設が遠方にあり、電車、バス、自動車などを利用する場合に、支給される手当です。

施設までの距離や利用する交通機関によって、月額42,500円までを上限として支給されます。ただし、自動車を利用する場合は、月額8,010円が上限額です。

3. 寄宿手当
職業訓練を受講するために、宿泊施設を利用しなければならないときに、
月額10,700円の支給があります。ただし、訓練を受講していない日や宿泊していない日は、日割り計算して支給額から差し引かれます。

基本手当をもらっている人が、ハローワークの指示によって公共職業訓練を受講する場合は、訓練の受講が終了するまで、基本手当と技能習得手当が支給されます。

例えば、基本手当をもらえる期間が190日間の人でも、受講終了まで220日間かかる場合は、その日まで基本手当と技能習得手当が受け取れるわけです。ただし、最長2年までとなっています。

また、年齢の高い人は職業訓練を受講して、技能を修得しても比較的再就職が難しいのが現状です。そこでハローワークでは35才以上60未満の人には、複数回の公共職業訓練の受講も認めています。

もちろんこの場合も、受講終了まで基本手当と技能習得手当の、両方が支給されます。ただし、平成19年度末までの措置で、受講期間は最長2年です。

なお、職業訓練の受講料は無料ですが、検定試験の受験料やテキスト代は受講者の負担となります。

・次ページ →高年齢再就職給付金

HOME
雇用保険(失業保険)・2
失業手当の受給条件
失業手当の受給期間の延長
失業手当の給付額
失業手当の給付日数
雇用保険の不正受給
失業給付の種類
傷病手当
技能習得手当
高年齢再就職給付金
高年齢求職者給付金
就業手当
再就職手当
常用就職支度手当
移転費の補助
広域求職活動費
教育訓練給付制度
教育訓練給付金の支給条件
高年齢雇用継続基本給付金
介護休業給付
未払い賃金の立替払い制度

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved