HOME厚生年金・共済年金>厚生年金基金の設立

厚生年金基金の設立

〜厚生年金基金には、3つのタイプがある〜

厚生年金基金を設立するには、厚生大臣の認可が必要になっていますが、基金加入者の人数や、企業の規模によって違いがあります。

また、企業が単独で設立する場合と、複数の企業が設立する場合があり、設立の内容は以下のように、3つのタイプがあります。

厚生年金基金に加入している方は、お勤めの会社に確認しておくことを、おすすめします。

加入者の人数 企  業 加入者の同意




500人以上 1つの企業が単独で設立。 労働組合の1/3以上の組合員が、基金加入者の場合は、この労働組合の合意が必要です。


基金の加入者となるべき従業員の1/2以上の同意が必要です。




800人以上 複数の企業が共同で設立。

・企業グループ内の複数の企業が共同で設立。

例えば親会社と、その子会社や関連会社が共同で設立する場合です。




3,000人以上 同種同業、あるいは一定地域内の複数企業が共同で設立。

例えば、製造業関連の中小企業が何社か集まって1つの基金を設立する場合です。

加入者の人数や、企業規模からみて、ある一定の規模としっかりした財務基盤がないと、厚生年金基金を設立するのは難しくなっています。

また、景気の長い低迷があったため、新規設立の減少や解散が増え、最近では厚生年金基金の数は少なくなる傾向です。

・次ページ →確定拠出年金(401k)

HOME
厚生年金・共済年金
老齢厚生年金・
退職共済年金の受給
遺族厚生年金・共済年金
加給年金
加給年金の振替加算
特別支給の老齢厚生年金
在職老齢年金(1)
在職老齢年金(2)
障害厚生年金・共済年金
離婚したときの分割年金
離婚したときの分割年金の例
厚生年金基金
厚生年金基金の給付
厚生年金基金の設立
確定拠出年金(401k)
確定拠出年金の種類
確定拠出年金の給付
確定拠出年金と
確定給付年金の比較

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved