HOME厚生年金・共済年金>加給年金

加給年金

〜扶養家族に妻や子供がいると支給される年金〜

加給年金とは、厚生年金や共済年金の加入者が、老齢厚生(共済)年金を受け取る場合に、配偶者や子供などの扶養者がいると、上乗せして支給される年金のことです。

ただし、60才から支給される”特別支給の老齢厚生年金定額部分”を、受け取れる人が対象者となっています。

支給の条件は、年金加入者本人の保険加入期間が20年以上で、なおかつ配偶者と子供が、以下の条件を満たしていることが必要です。

1. 配偶者が、退職共済年金や障害年金を受け取っていないこと。
2. 配偶者は65才未満であること。
3. 年金加入者と同一の世帯で生計を共にしており、配偶者の年収が850万円未満であること。
4. 子供が18才未満、あるいは、20才未満の1級・2級の障害者のとき。

加給年金の支給額は、家族構成により下表のようになっています。

家族構成 年間の加給年金の支給額(平成18年度)
配偶者のみ 22万7,900円
子供のみ 22万7,900円
配偶者+子供1人 22万7,900円+22万7,900円=45万5,800円
配偶者+子供2人 22万7,900円+(22万7,900円×2)=68万3,700円
配偶者+子供3人 22万7,900円+(22万7,900円×2)+7万5,900円
=75万9,600円
*3人目以降は、1人増えるごとに+7万5,900円

その他に年金加入者が、昭和9年4月2日以降に生まれている場合(配偶者ではありません!)は、別枠として配偶者に対して、下表の支給額が特別に加算されます。

年金加入者の生年月日 妻への特別加算額(平成18年度)
昭和18年4月2日以降 16万8,100円
昭和17年4月2日〜18年4月1日 13万4,600円
昭和16年4月2日〜17年4月1日 10万1,000円
昭和15年4月2日〜16年4月1日 6万7,300円
昭和9年4月2日〜15年4月1日 3万3,600円

なお、加給年金の手続きは、老齢厚生(共済)年金の請求時に、同時に行なわれますので、改めて手続きする必要はありません。
・次ページ →加給年金の振替加算
HOME
厚生年金・共済年金
老齢厚生年金・
退職共済年金の受給
遺族厚生年金・共済年金
加給年金
加給年金の振替加算
特別支給の老齢厚生年金
在職老齢年金(1)
在職老齢年金(2)
障害厚生年金・共済年金
離婚したときの分割年金
離婚したときの分割年金の例
厚生年金基金
厚生年金基金の給付
厚生年金基金の設立
確定拠出年金(401k)
確定拠出年金の種類
確定拠出年金の給付
確定拠出年金と
確定給付年金の比較

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved