HOME厚生年金・共済年金>確定拠出年金(日本版401k)

確定拠出年金(日本版401k)

〜アメリカの企業年金を参考にした自己責任型の年金〜

確定拠出年金とは、掛金(拠出金)の運用実績によって、将来の年金額が変動するタイプの年金です。

別名、日本版401kと呼ばれているのは、アメリカの企業年金の401kプランを元にして作られたからです。

一方、国民年金、厚生年金、共済年金、あるいは企業年金は、将来の年金支給額が加入時に約束されているため、「確定給付年金」と呼ばれています。

確定拠出年金(日本版401k)は、加入者本人が毎月一定の掛金(拠出金)を決め、なおかつ運用方法も選ぶことになっています。

運用実績が良ければ、受け取り年金額が多くなり、反対に悪ければ、それに応じて年金が減額されます。加入者本人の責任に任されるため”自己責任型の年金”といえます。

また、確定拠出年金(日本版401k)は、下図のように公的年金に上乗せされる年金で、3階建て部分にあたります。

確定拠出年金 確定拠出年金
厚生年金基金
国民年金基金 厚生年金 共済年金
国民年金
自営業者等 会社員 公務員 会社員・
公務員の妻等
第1号被保険者 第2号被保険者 第3号被保険者

確定拠出年金(日本版401k)の具体的内容は、以下のようになっています。

1. 60才未満の人が加入対象となっています。

2. 掛金(拠出金)は加入者個人別に管理され、転職した場合でも転職先でそのまま確定拠出年金の、運用プランを継続できます。
これを、ポータビリティーと呼んでいます。

また、退職して国民年金に加入した場合は、個人型確定拠出年金に変更することができます。

3. 大きく分けて、個人型確定拠出年金と企業型確定拠出年金の2つがあり、個人型は、加入者本人が掛金(拠出金)を負担します。企業型は、厚生年金を導入している企業が掛金を負担します。
*詳細→確定拠出年金の種類

4. 国民年金保険料を滞納している人や、公務員・専業主婦は加入することができません。

5. 個人型では、掛金(拠出金)全てが所得税から、控除される優遇制度があります。

6. 年金の給付は、原則として60才からの開始となりますが、加入期間が10年未満の場合は、加入期間に応じて61才〜65才になります。
*詳細→確定拠出年金の給付

7. 運用商品は、預貯金、公社債、投資信託、株式、保険商品などです。
加入者および、運用商品提供者は3つ以上の商品を、必ず選択肢として提示することになっています。

8. 運用実績は各加入者ごとに、少なくとも年1回以上通知されます。

・次ページ →確定拠出年金の種類

HOME
厚生年金・共済年金
老齢厚生年金・
退職共済年金の受給
遺族厚生年金・共済年金
加給年金
加給年金の振替加算
特別支給の老齢厚生年金
在職老齢年金(1)
在職老齢年金(2)
障害厚生年金・共済年金
離婚したときの分割年金
離婚したときの分割年金の例
厚生年金基金
厚生年金基金の給付
厚生年金基金の設立
確定拠出年金(401k)
確定拠出年金の種類
確定拠出年金の給付
確定拠出年金と
確定給付年金の比較

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved