HOME厚生年金・共済年金>確定拠出年金の種類

確定拠出年金の種類

〜確定拠出年金に加入するには、4つのケースがある〜

確定拠出年金には、大きく分けて「個人型確定拠出年金」「企業型確定拠出年金」があり、企業年金の有無によって、それぞれ2つのタイプに分かれています。

ここでの企業年金とは、企業が将来支給する年金額が、あらかじめ約束された「確定給付年金」のことをいいます。

なお、個人型と企業型の両方に同時加入や、公務員や専業主婦の加入は認められていません。

1. 個人型確定拠出年金
個人が年金の掛金を拠出する年金で、企業が上乗せして掛金を、拠出することはできません。
1人あたりの
年間の拠出限度額
掛金の
払い込み先
企業の従業員
企業が企業年金や
企業型確定拠出年金を導入していないとき
月額 1.8万円
(年間21.6万円)

企業から
国民年金
基金連合会
自営業者など
ただし、国民年金を
滞納している場合は
加入できない
月額 6.8万円
(年間81.6万円)

国民年金基金に
加入している場合は
その分も含む

個人で

2.

企業型確定拠出年金
厚生年金を適用している企業が、年金の掛金を拠出する年金で、従業員が上乗せして掛金を拠出することはできません。
1人あたりの
年間の拠出限度額
掛金の
払い込み先
企業の従業員
企業年金が
導入されているとき
月額 2.3万円
(年間27.6万円)

企業から
資産管理機関
企業の従業員
企業年金が
導入されていないとき
月額 4.6万円
(年間55.2万円)

このように、自営業を営む人や勤務先の企業に年金制度が、導入されていない場合でも公的年金の上乗せとして、確定拠出年金を利用することができます。

・次ページ →確定拠出年金の給付

HOME
厚生年金・共済年金
老齢厚生年金・
退職共済年金の受給
遺族厚生年金・共済年金
加給年金
加給年金の振替加算
特別支給の老齢厚生年金
在職老齢年金(1)
在職老齢年金(2)
障害厚生年金・共済年金
離婚したときの分割年金
離婚したときの分割年金の例
厚生年金基金
厚生年金基金の給付
厚生年金基金の設立
確定拠出年金(401k)
確定拠出年金の種類
確定拠出年金の給付
確定拠出年金と
確定給付年金の比較

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved