HOME厚生年金・共済年金>確定拠出年金と確定給付年金の比較

確定拠出年金と確定給付年金の比較

〜確定拠出年金と従来の上乗せ年金を比べてみる〜

確定拠出年金(日本版401k)は、加入者が運用商品を選んでその運用実績によって、将来の年金額が変わってくる自己責任型の年金です。

一方、確定給付年金は、公的年金や企業年金など、あらかじめ給付額が定められている年金のことをいいます。

ある調査によれば、老後に夫婦2人が、ゆとりを持って生活できる金額は、月に約35万円という結果がでています。しかし、多くの人は、これ以下の給付額なのが現実です。

そこで、これを補うために平成13年から、公的年金に上乗せして支給される確定拠出年金が導入されました。

ここでは、確定拠出年金と厚生年金基金(確定給付年金)を比較して、両者がどのように違うのか以下にまとめました。

確定拠出年金 厚生年金基金(確定給付年金)
運 用 加入者が運用方法を選択でき、運用実績も加入者別に管理されます。
         ▽
各加入者ごとに運用状況を確認できます。
運営者が一括して、運用方法を決定します。
給付額 給付額は運用実績によって
変動します。
         ▽
運用が好調であれば、給付額が増えます。ただし、あくまで自己責任となります。
加入時に給付額が決められています。
         ▽
給付額が変動するリスクはありませんが、
インフレのときは、物価上昇分に比べ、相対的に給付額が目減りします。
運営者 ・個人型
  ・・・国民年金基金連合会
・企業型・・・企業
厚生年金基金
掛 金 ・個人型
  ・・・加入者のみの負担
・企業型・・・企業のみの負担
原則として企業が負担

加入時 非課税・・・掛金は、所得税の控除が受けられます。
運用時 非課税
ただし、平成20年以降は
課税の対象となる可能性が
あります。
非課税
給付時 ・年金として受け取るとき
   ・・・公的年金等控除が受けられます。
・一時金として受け取るとき
   ・・・退職所得控除が受けられます。
その他 ・転職したときでも、運用方法を変えないで、そのまま移行できます。(ポータビリティー)

・運用のための、一定の経済的知識が必要です。
・転職したときは、新たに加入手続きが必要です。

・厚生年金基金の責任で運用しているため、経済的知識は必ずしも必要ではありません。
HOME
厚生年金・共済年金
老齢厚生年金・
退職共済年金の受給
遺族厚生年金・共済年金
加給年金
加給年金の振替加算
特別支給の老齢厚生年金
在職老齢年金(1)
在職老齢年金(2)
障害厚生年金・共済年金
離婚したときの分割年金
離婚したときの分割年金の例
厚生年金基金
厚生年金基金の給付
厚生年金基金の設立
確定拠出年金(401k)
確定拠出年金の種類
確定拠出年金の給付
確定拠出年金と
確定給付年金の比較

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved