HOME国民年金>年金のしくみ

年金のしくみ

〜現在の年金のしくみを、簡単におさらいしてみると〜

最近、社会的に年金制度がいろいろ話題になっていますが、ここでは、今の年金のしくみについて、わかりやすく解説してみます。

一口に年金といっても、その人の職業によって以下の4つに分けられます。

それぞれ、年金の仕組みや手続きが違いますので、ご注意ください。


1. 自営業を営む人など、以下の2.3.4.以外の人
国民年金のみの加入となり、第1号被保険者と呼ばれていて、20才以上〜60才未満の人は必ず、加入が義務付けられています。
老後は、老齢基礎年金が支給されます。

2. 会社員
厚生年金と国民年金の両方に加入することになり、第2号被保険者と呼ばれています。国民年金の加入は自動的に行なわれ、加入手続きは勤務先の会社で行なわれます。

あまり知られていませんが、厚生年金保険料は、加入者と企業がそれぞれ1/2ずつ負担しています。
老後は、老齢基礎年金と老齢厚生年金が支給されます。

3. 公務員
共済年金と国民年金(=自動的に加入)の両方に加入し、第2号被保険者と呼ばれています。加入手続きは、勤務先で行なわれ、老後は老齢基礎年金と退職共済年金が支給されます。

4. 会社員や公務員の配偶者(妻)
国民年金のみの加入で、第3号被保険者と呼ばれており、年金保険料の負担は免除されています。加入手続きは、夫の勤務先で行なわれ、老後は老齢基礎年金が支給されます。

ただし、法律の改正により支給内容が変更になります。
*詳細→離婚したときの分割年金

以上をわかりやすく図にまとめると、次のようになります。

年金の
種類
*確定拠出年金 *確定拠出年金
*厚生年金基金

*国民年金基金
厚生年金 共済年金
国 民 年 金
職業
区分
自営業者と
その配偶者、
その他
一般会社員 公務員 一般会社員や公務員の
配偶者(=妻)
被保険者区分 第1号被保険者 第2号被保険者 第3号被保険者
支給
される
年金
老齢基礎年金 老齢基礎年金

老齢厚生年金
老齢基礎年金

退職共済年金
老齢基礎年金

このように、厚生年金と共済年金は、国民年金にプラスして、それぞれの年金が支給されるため、よく”2階建ての年金”といわれています。

さらに、国民年金基金厚生年金基金確定拠出年金(日本版401k)は、国民年金や厚生年金に上乗せするものです。

国民年金基金、確定拠出年金の加入は本人の意思で、決めることができます。
一方、厚生年金基金は、勤務先の会社が基金を設立していると、自動的に加入となります。
・次ページ →国民年金の加入
HOME
国民年金
年金のしくみ
国民年金の加入
国民年金基金の加入
老齢基礎年金の受給
老齢基礎年金の支給開始日
遺族基礎年金
寡婦年金(遺族年金)
障害基礎年金
国民年金の死亡一時金
年金受給の現況届
国民年金保険料の免除
国民年金の全額免除制度
国民年金の一部納付
(一部免除)制度
国民年金の学生納付
特例制度
国民年金の若年者納付
猶予制度

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved