HOME国民年金>国民年金基金の加入

国民年金基金の加入

〜国民年金の上乗せ年金が、国民年金基金〜

国民年金基金とは、自営業者などの第1号被保険者が受け取る、老齢基礎年金上乗せした年金を受け取る制度です。

平成22年度現在で、老齢基礎年金の受け取り金額は79万2,100円です。

しかも、この金額は20才〜60才までの40年間、国民年金保険料を納めた場合で、月額約6万6,000円となっています。

一方、会社員が加入している厚生年金では、一般的なケースで月額約22〜28万円ほどになります。

これは、サラリーマンや公務員の厚生年金・共済年金の被保険者(=保険加入者)は老齢基礎年金に上乗せして、老齢厚生年金や退職共済年金を受け取れるからです。

それに比べ、第1号被保険者である自営業の人では、老齢基礎年金しか受け取ることができません。

そこで、会社員並みに老後の保障を考慮されたのが、国民年金基金といえます。当然のことですが、この制度は第1号被保険者のみが利用できます。

加入については、現在、国民年金の加入者の意思によって決めることができ、受け取る年金額は加入口数によって変わってきます。

この国民年金基金には”職能型”と”地域型”の2つの種類があります。

職能型は、医師、税理士、弁護士などの、同じ職種の人達で組織されているものです。職種ごとに、全国で1つだけの組織となっています。

どんな職種の基金があるかは、市区町村の国民年金課の窓口に問い合わせると、詳しく教えてくれます。

地域型は、各都道府県に1つずつ設置されていて、通常の国民年金の加入者であれば、加入することができます。

掛け金は、職能型も地域型も同額で、加入者が選択することができます。掛け金の上限は月額6万8,000円となっています。

また、支払った掛け金は全額、社会保険料控除の対象となり、その分、所得税や住民税が安くなります。

ただし、複数の地域型の国民年金基金に加入したり、職能型と地域型の両方に同時に加入することはできません。

加入手続きは、国民年金基金から「国民年金基金加入申出書」を取寄せ、必要事項を記入して提出するだけです。また、郵送による受付もしています。
<国民年金基金の加入>
申出先 ・各都道府県の地域型国民年金基金、職能型国民年金基金
申出人 ・自営業などの国民年金・第1号被保険者
必要書類 ・国民年金基金加入申出書
・印鑑

・次ページ →老齢基礎年金の受給

HOME
国民年金
年金のしくみ
国民年金の加入
国民年金基金の加入
老齢基礎年金の受給
老齢基礎年金の支給開始日
遺族基礎年金
寡婦年金(遺族年金)
障害基礎年金
国民年金の死亡一時金
年金受給の現況届
国民年金保険料の免除
国民年金の全額免除制度
国民年金の一部納付
(一部免除)制度
国民年金の学生納付
特例制度
国民年金の若年者納付
猶予制度

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved