HOME遺言書>姻族関係終了届

姻族関係終了届

〜配偶者が亡くなった後で、配偶者の血族と縁を切るとき〜

法律上、結婚すると配偶者の父母や兄弟などの間に、姻族と呼ばれる関係ができます。

この姻族というのは、配偶者の血族のことです。たとえ、血のつながりがなくても結婚によって、いわゆる親戚となるわけです。

姻族の関係は、離婚すると自動的に消滅し、なんの手続きも必要ありません。しかし、配偶者が亡くなったときは、姻族関係はそのまま継続されます。

もし配偶者の死後、配偶者の血族との縁を切りたい場合は、「姻族関係終了届」を提出します。

姻族関係を終わりにするかどうかは、本人の意思で自由に決めることができ、配偶者の血族の了解は不要です。

また、家庭裁判所への申立も不要で、届出を提出するだけで手続きは完了します。

姻族関係終了届を提出して、姻族関係を終わりにしても、戸籍はそのままの状態となります。戸籍も配偶者の戸籍から別にしたいときは、「復氏届」を提出しなければなりません。

このように、姻族関係終了届は、配偶者の血族との親戚関係を終了されるもので、配偶者の父母や兄弟姉妹などの扶養義務もなくなります。この届出は、配偶者の死亡届が受理された後であれば、いつでも提出できます。

なお、配偶者の遺産を相続した場合でも、返却する必要はなく、遺産を受け取ることができます。

<姻族関係終了届>
届出先 ・本籍地または、住所地の市区町村
届出人 ・本人(故人の配偶者)
必要書類 ・姻族関係終了届
・戸籍謄本
・印鑑



HOME
遺言書
遺言書とは
自筆証書遺言書
秘密証書遺言書
公正証書遺言書
遺言書の検認
公証人・公証役場
遺言信託
死亡届
葬祭費、埋葬費
失踪宣言と失踪届
復氏届
姻族関係終了届

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved