HOME贈与>贈与税の申告と延納

贈与税の申告と延納

〜贈与を受けたときの申告と、納税を延ばしてもらうとき〜

財産を贈与された人は、年間110万円の基礎控除額を超えたときは、税務署に申告して納税しなければなりません。

贈与にあたる財産は、現金、株式、不動産だけでなく、生命保険金を受け取ったときや、借金を免除してもらったときも贈与とみなされます。

申告書の提出期限は、贈与を受けた年の翌年の2月1日〜3月15日までで、確定申告の期間と同じになっています。提出先は、受贈者(=贈与を受けた人)の住所地の税務署長宛に提出します。*参考→贈与税と税率

納税方法は、金銭で一括納入が原則となっています。相続税のように金銭の代わりに土地などの不動産で納付する、”物納制度”は用意されていません。

ただし、一定の条件を満たした場合は、延納という形で贈与税を分割して、納付することが可能となっています。

この延納が可能な条件は、以下のような条件を満たしていることが必要です。

1)金銭で一括して納付することができない正当な理由があること。
2)贈与税が10万円を超えているとき。
3)3月15日までの申告期限を守り、税務署長の許可を得ること。
4)担保を提供すること。
  ただし、延納期間が3年以内でなおかつ、納税額が50万円未満
  ときは担保の提供は不要です。
5)延納期間は最長5年で、この期間中に贈与税を全て納付すること。

*延納が認められたときは、延納した期間に応じて利子税を支払うことになります。

<贈与税の申告と延納>
申 告 延 納
申告先 受贈者の住所地を管轄する税務署長
申告人 受贈者
必要書類 ・贈与税の申告書
・印鑑
・贈与税延納申請書
・担保提供書、担保目録、抵当権設定登録承諾書(必要な場合)
・印鑑

HOME
贈与
贈与とは
生前贈与
贈与契約書
特定贈与信託
贈与税の納税義務者と
外国税額控除
贈与税と税率
みなし贈与財産
贈与税の配偶者控除
相続時精算課税制度
相続時精算課税制度と
従来課税の比較
住宅取得資金贈与税の特例
住宅取得資金贈与税の
特例利用時の住居
贈与税の申告と延納

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved