HOME贈与>贈与税の配偶者控除

贈与税の配偶者控除

〜配偶者だけに認められた贈与税の控除分〜

贈与税の特例として、配偶者から居住用の不動産、あるいは、これを購入するための資金を贈与されたときに、最高2,000万円まで贈与税から控除されるのが「贈与税の配偶者控除」です。

この配偶者控除の対象者は、以下の条件を全て満たしていなければなりません。

1)
婚姻期間が20年以上の配偶者からの贈与であること。

2)
控除額は最高2,000万円で利用できるのは1回だけ。最高2,000万円というのは、例えば2,500万円の家を贈与されたときは、2,000万円までの控除枠が全て利用できます。

しかし、1,600万円の家を贈与されたときは1,600万円の控除となり、残った400万円の控除枠を不動産以外の贈与で利用したり、翌年に繰り越すこともできません。

また、同じ配偶者からの贈与については、金額にかかわらず1回だけしかこの制度を利用できません。

3)
住居用の不動産あるいは、住居用の不動産を購入するための資金の贈与であること。

直接不動産を贈与された場合でも、購入資金だけを贈与された場合でも、翌年の3月15日までに住居用の不動産を取得して、なおかつそこで生活していることが必要です。また、その後も引き続き、そこで生活していく見込みであることも条件です。

4)
贈与を証明する書類を添付し、配偶者控除の申請書を税務署に提出すること。つまり、本人が申告書を提出して手続きしなければ、贈与税が控除されないということです。

贈与税には、110万円まで基礎控除として認められていますので、配偶者控除分も含めると2,110万円までが非課税扱いになります。

<贈与税の配偶者控除>
申告先 住所地を管轄する税務署長
申告人 贈与を受けた配偶者
必要書類 ・贈与税の申告書
・贈与された日から10日以上経過した後に作成した、戸籍謄本または抄本と、戸籍の附票
・登記簿謄本または、抄本
・住居した日以降に作成した住民票
・印鑑

・次ページ →相続時精算課税制度

HOME
贈与
贈与とは
生前贈与
贈与契約書
特定贈与信託
贈与税の納税義務者と
外国税額控除
贈与税と税率
みなし贈与財産
贈与税の配偶者控除
相続時精算課税制度
相続時精算課税制度と
従来課税の比較
住宅取得資金贈与税の特例
住宅取得資金贈与税の
特例利用時の住居
贈与税の申告と延納

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved