HOME相続税>相続税対策について

相続税対策について

〜相続税を安くするための節税について〜

親の遺産を相続した後で、まず気になるのが相続税のことだと思います。
原則として相続税は、相続が開始したことを知った日の翌日から10カ月以内に、申告して現金で納付しなければなりません。

ですから一度に多額の現金が必要になる可能性があり、相続税を納めるために、先祖から受け継いできた土地や建物を、しかたなく手放したということは、よく耳にすることです。

そこで、相続税をできるだけ少なくする節税対策は、いろいろな方法が行なわれています。相続税法上では、いくつかの控除が設けられていますので、これと相続する遺産の種類を組み合わせることによって、かなりの節税が可能となっています。

ただし、その前の重要なポイントとして、

・全ての遺産の明細と総額の把握→財産目録の作成
・相続人全員の遺産分割の合意


この2点があります。

特に、遺産分割の合意がない場合は、税務署への申告自体を行なうことができず、相続税対策どころではありません。まずは、遺産がどれくらいあって、どんな割合で配分するのかを、相続人全員で話し合いの上、合意しておくことが大切なことです。

なお、節税というのは、税法上で決められた事柄を守って、合法的に行なうのが大原則ですから、法の網をくぐるような方法や脱税とは違うことを、しっかり認識しておくべきです。

また、税法は複雑な内容のものもあり、法改正もたびたびありますので、専門家である税理士に相談しながら、相続税対策を行なっていくのがよいでしょう。

相続税対策の主なものとしては、大きく分けて以下の3つに分けられます。

1.相続開始前に行なう贈与を利用する方法
  *詳細ページ
   相続税対策・贈与の利用(1)    相続税対策・贈与の利用(2)
   
2.現金を主に不動産に換える方法
  *詳細ページ
   相続税対策・不動産等の利用(1)   相続税対策・不動産等の利用(2)
   
3.相続開始後に行なう方法
  *詳細ページ
   相続税対策・相続開始後の節税

・次ページ →相続税対策・贈与の利用(1)

HOME
相続税
相続税の納税義務者と
外国税控除
相続税の税率
相続税の基礎控除
相続税の配偶者控除
相続税法上の非課税財産
相続税法上の課税財産
みなし相続財産
各相続人の控除と加算
相続税と贈与税の比較
相続税と贈与税の区別
相続税の計算の流れ
相続税の計算の実例
相続税の申告
相続税の延納
相続税の物納
準確定申告
相続税対策について
相続税対策・贈与の利用(1)
相続税対策・贈与の利用(2)
相続税対策・不動産等の
利用(1)
相続税対策・不動産等の
利用(2)
相続税対策・相続開始後の
節税

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved