HOME相続税>相続税の税率

相続税の税率

〜相続税を計算するときの税率と注意点〜

相続税は、課税される遺産が多くなるほど税率が高くなる、累進課税方式になっています。税率は10%から最高50%までとなっており、以下の表で計算することができます。

相続税を計算する場合は、課税遺産総額を法定相続分どうりに配分したと仮定して、下の表で計算した後、相続人全員の相続額を合計して、相続税の総額を出します。


<相続税の速算表>
法定相続分に対する取得金額 税率 控除額
1,000万円以下 10%
1,000万円超〜3,000万円以下 15% 50万円
3,000万円超〜5,000万円以下 20% 200万円
5,000万円超〜1億円以下 30% 700万円
1億円超〜3億円以下 40% 1,700万円
3億円超 50% 4,700万円

簡単な例をあげると、相続遺産が現金2億円で、相続人が妻と子供1人のときは、次のようになります。

1. 課税遺産総額は、
2億円(現金)−相続税の基礎控除(5,000万円+1,000万円×2人)
1億3,000万円となります。

2. 法定相続分は、妻と子供1人のケースでは、それぞれ1/2づつで
2人とも同額の6,500万円となります。

3. 6,500万円に上表の税率をあてはめて計算すると、
6,500万円×30%−700万円=1,250万円となります。

4. 以上から、妻と子供の相続税の総額は2,500万円になります。

これ以降は、妻と子供の遺産配分の割合や、配偶者控除、未成年者控除、障害者控除などで、最終的な課税額が決まります。

相続税の計算は、複雑になっていますので、詳しくは相続税の計算の実例相続税の計算の流れをご覧ください。

・次ページ →相続税の基礎控除

HOME
相続税
相続税の納税義務者と
外国税控除
相続税の税率
相続税の基礎控除
相続税の配偶者控除
相続税法上の非課税財産
相続税法上の課税財産
みなし相続財産
各相続人の控除と加算
相続税と贈与税の比較
相続税と贈与税の区別
相続税の計算の流れ
相続税の計算の実例
相続税の申告
相続税の延納
相続税の物納
準確定申告
相続税対策について
相続税対策・贈与の利用(1)
相続税対策・贈与の利用(2)
相続税対策・不動産等の
利用(1)
相続税対策・不動産等の
利用(2)
相続税対策・相続開始後の
節税

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved