HOME相続税>相続税の基礎控除

相続税の基礎控除

〜相続人全てに認められている控除分〜

相続税では、相続人の人数や相続遺産の金額、あるいは遺産の種類などにかかわらず、一定の非課税枠が設けられており、これを「基礎控除」と呼んでいます。
*参考→相続税の計算の流れ

相続税の基礎控除は、次の式で計算します。

相続税の基礎控除額=5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)

例えば、相続人が妻と子供3人の場合は、法定相続人の数は妻+子供3人の合計4人となり、

5,000万円+(1,000万円×4人)=9,000万円が、基礎控除額になります。

もし、3人の子供の中の1人が相続放棄したときでも、放棄がなかったものとして、法定相続人の数に含めることができます。つまり、基礎控除額は変わらず9,000万円となります。

また、被相続人に養子がいる場合は、実子の有無によって扱いが違います。

・実子がいる場合・・・養子のうち1人までが法定相続人の数として認められる
・実子がいない場合・・・養子のうち2人までが法定相続人の数として認められる

例えば、相続人に妻、2人の実子、2人の養子がいるときは、妻+2人の実子+1人の養子で、法定相続人の数は4人となります。
実子がなく、3人の養子がいるときは、妻+2人の養子で法定相続人の数は3人となります。

なお、養子でも特別養子縁組で、養子となった人は実子として認められますので、上のような制限はありません。

・次ページ →相続税の配偶者控除

HOME
相続税
相続税の納税義務者と
外国税控除
相続税の税率
相続税の基礎控除
相続税の配偶者控除
相続税法上の非課税財産
相続税法上の課税財産
みなし相続財産
各相続人の控除と加算
相続税と贈与税の比較
相続税と贈与税の区別
相続税の計算の流れ
相続税の計算の実例
相続税の申告
相続税の延納
相続税の物納
準確定申告
相続税対策について
相続税対策・贈与の利用(1)
相続税対策・贈与の利用(2)
相続税対策・不動産等の
利用(1)
相続税対策・不動産等の
利用(2)
相続税対策・相続開始後の
節税

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved