HOME相続税>相続税の計算の流れ

相続税の計算の流れ

〜相続税を計算するには、3つの段階が必要〜

通常、相続は複数人で行なわれるのが一般的で、その場合の相続税の計算の流れは、大きく分けて以下の3段階になっています。

<1>課税遺産総額を計算 相続した遺産から、マイナス分とプラス分を計算して、対象となる課税遺産総額を出します。
<2>相続税の総額を計算 仮に法定相続分で各相続人の税額を計算して、
それを合計して相続税の総額を出します。
<3>各相続人の税額を計算 相続の割合に応じ、控除分と加算分を計算して、
各相続人の課税額が決まります。

この3つを、それぞれ細かく見ていくと下図のような流れになります。
(各項目の詳細に関しては、それぞれの参照ページをご覧ください。また、具体例で示した相続税の計算の実例のページを用意しました。)

<1>
課税遺産
総額を計算
相続、遺贈、死因贈与で
取得した財産
本来の相続財産を合計します。
*参照→相続税法上の課税財産
みなし相続財産 間接的な方法で受け取った、
みなし相続財産をプラスします。
*参照→みなし相続財産
3年以内の贈与財産 相続開始前3年以内に贈与された
財産をプラスします。
非課税財産 税法上課税されない財産を
マイナスします。
*参照→相続税法上の非課税財産
債務、葬儀費用 借金や葬式での費用をマイナスします。
課税価格
基礎控除 税法上認められている
基礎控除額をマイナスします。
*参照→相続税の基礎控除
課税遺産総額
<2>
相続税の
総額を計算
課税遺産総額を
仮に法定相続分に分ける
*参照→遺産相続の事例
それぞれの法定相続人の税額を計算して合計 *参照→相続税の税率
相続税の総額
<3>
各相続人の
税額を計算
相続税の総額を
各相続人の配分
割合で振り分ける
各相続人ごとの控除額と
加算額を計算
*参照→相続税の配偶者控除
*参照→各相続人の控除と加算
各相続人の税額

・次ページ →相続税の計算の実例

HOME
相続税
相続税の納税義務者と
外国税控除
相続税の税率
相続税の基礎控除
相続税の配偶者控除
相続税法上の非課税財産
相続税法上の課税財産
みなし相続財産
各相続人の控除と加算
相続税と贈与税の比較
相続税と贈与税の区別
相続税の計算の流れ
相続税の計算の実例
相続税の申告
相続税の延納
相続税の物納
準確定申告
相続税対策について
相続税対策・贈与の利用(1)
相続税対策・贈与の利用(2)
相続税対策・不動産等の
利用(1)
相続税対策・不動産等の
利用(2)
相続税対策・相続開始後の
節税

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved