HOME相続税>相続税対策・不動産等の利用(1)

相続税対策・不動産等の利用(1)

〜不動産等は有効な節税対策の1つ〜

相続税対策・贈与の利用(2)の続き

いくつかの相続税対策がある中で、不動産を利用すると節税効果が高いことが知られています。”不動産物件を買って節税!”というキャッチフレーズがよく使われることがあります。

では、なぜ不動産が効果的な、相続税対策になるのでしょうか?

預貯金や現金は、その金額に対して相続税がそのまま計算されますが、土地や建物に対しては時価で計算されることはなく、評価額を元にして計算されます。

つまり、3,000万円で購入した一戸建でもそれよりも何割か安い評価額に対して、税金を計算するので結果的に相続税を、安くおさえることができるわけです。

不動産を利用した相続税対策としては、以下のようなものがあります。

1. マイホームの購入
被相続人や相続人が住む住宅や宅地を購入、建築した場合に一定の条件を満たしていれば、評価額が50%〜80%減額されます。
これを「小規模宅地の特例」と呼んでいます。

例えば、マイホーム用の宅地や住宅を購入したときの評価額は、
・宅地・・・240平方メートルまでの土地であれば、80%評価減
・住宅・・・新築の木造住宅で40%〜50%評価減
      新築のコンクリート造で30%〜40%評価減
となり、かなりの節税となります。

ただし、この特例を利用する場合は、相続税の申告期限内までに遺産分割が、合意されていることが条件になっています。

2. マイホームのリフォーム
自宅をリフォーム、あるいは増改築した場合も、評価額に対して課税されるため相続税対策となります。

上で見たように住宅の評価額は時価の30%〜50%減となりますから、800万円でリフォームや増改築したときは、240万円〜400万円の課税対象分が少なくなることになります。

・次ページ →相続税対策・不動産等の利用(2)

HOME
相続税
相続税の納税義務者と
外国税控除
相続税の税率
相続税の基礎控除
相続税の配偶者控除
相続税法上の非課税財産
相続税法上の課税財産
みなし相続財産
各相続人の控除と加算
相続税と贈与税の比較
相続税と贈与税の区別
相続税の計算の流れ
相続税の計算の実例
相続税の申告
相続税の延納
相続税の物納
準確定申告
相続税対策について
相続税対策・贈与の利用(1)
相続税対策・贈与の利用(2)
相続税対策・不動産等の
利用(1)
相続税対策・不動産等の
利用(2)
相続税対策・相続開始後の
節税

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved