HOME相続税>相続税法上の課税財産

相続税法上の課税財産

〜相続税が課税される財産は、お金や不動産だけではない〜

亡くなった両親などの被相続人から相続した財産は、相続税が課税される財産と、そうでない財産にそれぞれ分けられています。

ここでは、相続税法上で課税対象になる財産を取り上げておきます。

一口に課税財産といっても、次のようにいくつかに区分されています。

1.本来の
  相続財産
相続、死因贈与、遺贈により被相続人から直接、受け取った財産です。
具体的には、以下のような内容となっていますが、これ以外にも細かい規定があります。
*参照→相続税と贈与税の区別
財産の内容
預貯金、株券 現金、預貯金、国債、公社債、株券、投資信託、転換社債など
家財 家具、什器、自家用自動車、貴金属や宝石、美術品や骨董品など
土地 用途を限らず、所有している土地
土地に関する
権利
貸借権、地上権、永小作権、地役権、借地権など
建物、設備 居住用住宅、マンション、貸家、門、庭、駐車場、浄化槽、高架水槽、変電設備など
事業用、
農業用財産
事業用や農業用の機材全般とその備品、製品、原材料、営業権、家畜、果樹、など
その他の財産 ゴルフ会員権、配当金、著作権、特許権、貸付金など
2.みなし
  相続財産
被相続人からの相続ではなく、別のかたちで間接的に受け取った財産。結果的には、相続と同じであると、みなされる財産です。

退職手当金、生命保険金、死亡保険金、債務免除、年金受給金など。ただし、一定額が非課税になるものもあります。
*参照→みなし相続財産
3.生前
  贈与財産
被相続人の生前に贈与された財産は、原則として贈与税が課税されますが、相続開始前3年以内に受け取った財産については、相続税が課税されます。

ただし、”贈与税の配偶者控除”を利用するときは、贈与税の課税となります。

・次ページ →みなし相続財産

HOME
相続税
相続税の納税義務者と
外国税控除
相続税の税率
相続税の基礎控除
相続税の配偶者控除
相続税法上の非課税財産
相続税法上の課税財産
みなし相続財産
各相続人の控除と加算
相続税と贈与税の比較
相続税と贈与税の区別
相続税の計算の流れ
相続税の計算の実例
相続税の申告
相続税の延納
相続税の物納
準確定申告
相続税対策について
相続税対策・贈与の利用(1)
相続税対策・贈与の利用(2)
相続税対策・不動産等の
利用(1)
相続税対策・不動産等の
利用(2)
相続税対策・相続開始後の
節税

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved