HOME遺産相続>代襲相続

代襲相続

〜相続人が遺産を相続する権利を失ったときのケース〜

代襲相続とは、本来の相続人がいくつかの理由で遺産を相続できないとき、その子供や孫(=直系卑属)が相続することをいいます。

具体的に下図のように、被相続人Aに配偶者B、子供C、子供D、孫Eがいたケースでみてみましょう。




代襲相続の事例

このケースでは、相続人になることのできるのは、配偶者Bと子供Cと子供Dの3人です。

しかし、もし子供Cが被相続人Aより早く亡くなった場合や、同時に亡くなった場合は、孫Eが子供Cの相続権を引き継いで代襲相続することになります。

また、子供Cが相続廃除された場合でも、孫Eには代襲相続の権利があります。

ただし、もし子供Cが生前に相続を放棄した場合、孫Eは、たとえ、子供Cが亡くなっても代襲相続する権利はありません。

孫Eが代襲相続するには、次の3つの場合があります。

相続人の死亡

子供Cが、被相続人Aより先に死亡したか、あるいは、飛行機事故などで子供Cと被相続人Aが同時に死亡したものとみなされる場合は、孫Eが代襲相続できます。

(ご注意! 子供Cが被相続人Aより後に死亡したときは、代襲相続にはなりません。このときは、子供Cが被相続人Aの遺産を普通に相続しただけとなります。また、飛行機事故などで、どちらが先に亡くなったか明確でないときは、同時に死亡したものとして扱われます。

相続欠格(けっかく)

子供Cが早く遺産を相続したいがために、被相続人Aを殺害したり、死期を早める行為などを相続欠格といいます。
この場合は、子供Cの相続権は無効となり、孫Eが代襲相続します。

相続廃除(はいじょ)

子供Cが、被相続人Aが生きているときに、激しい虐待(ぎゃくたい)や多大なはずかしめを加えた場合は、被相続人Aは家庭裁判所に「推定相続人廃除申立書」を提出して、子供Cの相続権を取り消すことができます。

ただし、廃除されるのは子供C本人のみで、孫Eは代襲相続することができます。

・次ページ →相続人の廃除

HOME
遺産相続
遺産相続とは
法定相続人とは
親族とは
相続手続き全体の流れ
相続の選択
相続の放棄
相続限定承認
相続の遺留分(いりゅうぶん)
代襲相続
相続人の廃除
遺産相続と相続順位
遺産相続の事例
相続登記とは
遺産分割協議
遺産分割調停・審判

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved