HOME育児・教育の届出>奨学金制度

奨学金制度

〜経済的に困っている学生を支援するのが奨学金制度〜

学びたくても経済的理由で、高校や大学に通うことができない人を、支援するのが奨学金の制度です。

奨学金で代表的なものといえば、日本育英会でしたが、平成16年4月より独立行政法人の日本学生支援機構に業務が移行しました。

ここで扱う奨学金は、貸付けに利子が付かない無利息の第一種奨学金と、年利3%(利子はその年の状況により変動)を上限とする第二種奨学金の、2つに分かれています。

まず、第一種奨学金は、高校〜大学院に在籍する学生を対象としていて、特に優れた学生で経済的に著しく困っている学生に、貸付が行なわれています。

ただ、平成17年度以降に入学した、高校・専修学校(高等過程)の学生だけは、各都道府県が日本学生支援機構に変わって、この業務を行うことになりました。

次に、第二種奨学金では、高校を除く高等専門学校〜大学院までが対象となっています。

第一種奨学金よりは、ゆるやかな基準で選考された学生に、貸付が行なわれています。

なお、家計を支える父母が死亡、破産したり、自然災害、学校の廃校などにより転校となったことが原因で、家計が非常に苦しくなった時も、奨学金が利用できます。

この場合も、緊急採用奨学金と呼ばれる第一種奨学金と、応急採用奨学金と呼ばれる第二種奨学金の2種類があります。

以下に、平成17年度入学者の、第一種奨学金の1カ月あたりの貸付額を表にしました。(単位:円)

私立 国公立
自宅通学 自宅外 自宅通学 自宅外
大学院 修士・博士前期課程・・・88,000
博士後期課程/博士医・歯・獣医課程
                      ・・・122,000
大学 54,000 64,000 45,000 51,000
短大・専修学校
(専門課程)
53,000 60,000
高等専門
学校
1〜3年 32,000 35,000 21,000 22,500
4〜5年 53,000 60,000 45,000 51,000
高校・専修学校
(高等過程)で平成16年度までの入学者が対象
30,000 35,000 18,000 23,000

*貸付を受けるには、本人の成績や親の所得制限があり、日本学生支援機構の予算の関係で、貸付が見送られることもあります。

<奨学金制度>
申請先 ・日本学生支援機構
*申請は在学している学校を通して行なう必要があります。
申請人 ・本人。ただし、校長の推薦が必要です。

HOME
育児・教育の届出
育児休業制度
育児休業基本給付金
育児休業者職場復帰給付金
育児休業中の
社会保険料の免除
児童手当
児童扶養手当
ひとり親家庭の医療費助成
子供の転校手続き
国の教育ローンとは
国の教育ローン・1
(年金教育貸付)
国の教育ローン・2
(教育一般貸付)
国の教育ローン・3
(郵貯教育貸付)
奨学金制度

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved