HOME育児・教育の届出>国の教育ローンとは

国の教育ローンとは

〜教育費を援助するために公的なローンがある〜

子どもの教育にかかる費用は、小学校入学から大学卒業までを合計すると、少なくとも1,000万円以上になるのが、もはや一般的になっています。

この教育費の経済的負担を、軽減するために昭和54年に創設されたのが「国の教育ローン」の制度です。

国の教育ローンは、国民生活金融公庫という政府系金融機関が扱っており、次の3つが用意されています。

 ・年金教育貸付・・・国民年金、厚生年金加入者が対象
 ・郵貯教育貸付・・・郵便局の教育積立郵便貯金をしている人が対象
 ・教育一般貸付・・・融資の対象となっている、学校に在学している人が対象

ローンの融資を受けるには、一定の条件が決められていますが、条件を満たせば3つの融資を同時に受けることも可能です。
また、申込みは1年中いつでも可能で、合格発表前であっても申込みができます。

*国の教育ローン問合せ先
 教育ローンコールセンター・・・TEL0570-008656 か 03-5321-8656
 受付時間・・・土・日・祝日を除く平日の9:00〜18:00

この3つの融資を受けるときの条件には、共通の事柄があり以下のようになっています。

教育ローンの対象となる学校

・大学院、大学、短期大学
・高等専門学校、高等学校
・6カ月以上留学する外国の大学院、大学、短期大学、高等専門学校、
 高等学校など。ただし、ビザの提示が必要。

・各種学校、専修学校、予備校、デザイン学校、経理学校で
 認可されている学校
・養護学校、ろう学校、盲学校の各高等部
・その他、一定の条件を満たしている学校

このように、高校以上の学校では、ほとんどの学校が対象になっています。

貸付利率

平成18年12月13日現在・・・年2.3%
利率は、そのときの金融情勢によって違ってきます。また、保証人が(財)教育資金融資保証基金の場合は、保証料が別に必要です。

返済

毎月の返済が一定額の元利均等払いや、ボーナス併用払い、あるいは子どもの在学中だけは、金利のみの支払いにする方法などがあります。

返済期間

融資開始から、10年以内の返済が原則です。ただし、母子家庭などの場合は、1年の延長が認められています。

保証人

連帯保証人か、(財)教育資金融資保証基金の保証が必要です。

ローンの使用目的

教育に関連する費用であれば、認められます。例えば、入学金、授業料、受験にかかった費用、あるいはアパートの家賃や敷金、教材費、教科書代、国民年金保険料などです。
融資の対象となるのは、申込み時から1年間に必要な費用となっています。

なお平成20年10月以降は、政府系金融機関の統廃合により、現在の教育ローンの融資対象の範囲を、縮小する予定になっています。

・次ページ →国の教育ローン・1(年金教育貸付)

HOME
育児・教育の届出
育児休業制度
育児休業基本給付金
育児休業者職場復帰給付金
育児休業中の
社会保険料の免除
児童手当
児童扶養手当
ひとり親家庭の医療費助成
子供の転校手続き
国の教育ローンとは
国の教育ローン・1
(年金教育貸付)
国の教育ローン・2
(教育一般貸付)
国の教育ローン・3
(郵貯教育貸付)
奨学金制度

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved