HOME育児・教育の届出>子供の転校手続き

子供の転校手続き

〜転校手続きは、学校によっていくつかに分かれる〜

子供が転校するときは、学校が公立か私立か、あるいは、小中学校か高校かで、転校の手続きが違ってきます。

大きく分けると次の3つのケースがあります。
1.公立の小中学校への転校
2.公立の高校への転校
3.私立の中学、高校への転校

まず、公立の小中学校への転校では、一般的に下図のように転居、転入、転出でそれぞれ手続きが多少違ってきます。

転居、転入、転出についての詳細は、転出届・転入届・転居届をご覧ください。

1.公立の小中学校への転校

下図は、A市を基準にしたときの手続きの流れです。

A市の市内で
転校の場合
(転居)
B市からA市へ
転校の場合
(転入)
A市からB市への
転校の場合
(転出)
事前に在学している学校へ転校を連絡
在学している学校から”在学証明書””教科書給与証明書”を受け取る
A市で転居の手続き B市で転出の手続き A市で転出の手続き
A市で転入の手続き B市で転入の手続き
新しい住民票を、A市の教育委員会に提出すると、
入学する学校の指定があり、
”転入学通知書”が渡される
新しい住民票をB市の
教育委員会に提出
すると入学する学校の
指定があり、
”転入学通知書”
渡される
指定された学校に”転入学通知書”と、
前の学校で受け取った”在学証明書””教科書給与証明書”を提出
転  校

2.公立の高校への転校

各都道府県により、手続きの方法が異なっています。通常は、学生の欠員があり、なおかつ編入試験があり、それに合格すると認められます。詳細は、各都道府県に確かめることをおすすめします。

3.私立の中学、高校への転校

各都道府県に設立されている、私立学校の団体や組織に編入の方法を確認して、転校の手続きをすることになります。具体的な手続きや方法については、各地域の団体、組織、市区町村に直接問合せするほうがよいでしょう。

・次ページ →国の教育ローンとは

HOME
育児・教育の届出
育児休業制度
育児休業基本給付金
育児休業者職場復帰給付金
育児休業中の
社会保険料の免除
児童手当
児童扶養手当
ひとり親家庭の医療費助成
子供の転校手続き
国の教育ローンとは
国の教育ローン・1
(年金教育貸付)
国の教育ローン・2
(教育一般貸付)
国の教育ローン・3
(郵貯教育貸付)
奨学金制度

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved