HOME出産・養子縁組の届出>出生証明書

出生証明書

〜医師や助産師など、出産に立ち会った人に書いてもらう〜

出生証明書は、出生届と同じ一枚の用紙になっていて、右側が出生証明書の記入欄になっています。

出生証明書の記入は、出産に立ち会った医師や助産師に、書いてもらうことになっています。届出する人は記入の必要はなく、記入してもらったものを、そのまま提出するだけです。(出生届は、届出する人が書きます。)

ただし、出生証明書の記入者には順番が決められており、
1.医師、2.助産師、3.その他の人となっています。出産に立ち会った人が、医師、助産師の2人のときは、医師に記入、押印してもらうことになります。

もし、出産に立ち会った医師または助産師が、病気や大ケガで急死したときなど、やむをえない事情がある場合は、出生証明書は未記入のまま提出することも、認められています。

出生証明書

*必ず全て医師か助産師に書いてもらいましょう。

出生証明書

・次ページ →外国での出生届

HOME
出産・養子縁組の届出
妊娠届
出生届
出生届の書き方
出生証明書
外国での出生届
出産手当金
出産育児一時金
家族出産育児一時金
認知届
認知調停の申立
嫡出否認申立
養子縁組届
養子縁組許可申立
特別養子縁組申立
養子離縁届

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved