HOME出産・養子縁組の届出>妊娠届

妊娠届

〜妊娠したときに提出しておくと、行政サービスが受けられる手続き〜

妊娠したことがわかったら、届出を出しておくと便利なのが「妊娠届」です。

妊娠届は、法律で義務付けられた届出ではありませんが、届出することによって各種の行政サービスを受けることができます。

例えば、粉ミルク代の支給、妊産婦を対象に、保健師や助産師が家庭を訪問しての保険指導、妊産婦の各種健康保険診断を、無料で受けられるなどのサービスがあります。

ただ、サービスの内容は各自治体により違いがありますので、妊娠届を提出するときに、確認しておくのがよいでしょう。

妊娠届を提出すると、母子健康手帳と一緒に「出生通知票」が手渡されますので、出産したら保険所に郵送しておきましょう。

なお、妊娠届には助産師や診察した医師の氏名、施設名、所在地などの記入欄がありますが、診察を受けていない場合は、未記入でも提出することができます。

妊娠届を提出しなかった場合でも、出産後に「出生届」を出せば、母子健康手帳と出生通知票を受け取ることができます。出生通知票は、保険所の関連サービスを受けるもので、保険所提出用です。

<妊娠届>
届出先 ・住所地の市区町村の戸籍課
届出人 ・本人
必要書類 ・妊娠届
・印鑑






・次ページ →出生届

HOME
出産・養子縁組の届出
妊娠届
出生届
出生届の書き方
出生証明書
外国での出生届
出産手当金
出産育児一時金
家族出産育児一時金
認知届
認知調停の申立
嫡出否認申立
養子縁組届
養子縁組許可申立
特別養子縁組申立
養子離縁届

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved