HOME戸籍の届出>戸籍謄本(抄本)の取寄せ

戸籍謄本(抄本)の取寄せ

〜戸籍謄本・抄本を郵送で入手する方法〜

日常の様々な手続きをする上で、戸籍謄本や戸籍抄本が必要になる場合がよくあります。この2つは、共に戸籍原本の写しです。

戸籍謄本は、戸籍原本全ての写しで同じ戸籍に入っている人、全ての戸籍内容がわかります。また、戸籍抄本は、戸籍原本の中で必要な人の部分だけを写したものです。

このように謄本と抄本では内容が違いますので、取寄せる前に必ず確認しておきましょう。

手続きのときに戸籍謄本が必要なのに、戸籍抄本であった場合、正式に手続きできない場合がほとんどです。

戸籍謄本(抄本)の入手方法としては、直接役所の窓口で請求する方法と、郵送で取寄せる2つの方法があります。

謄本と抄本の請求は、必ず本籍地の市区町村へ請求する必要があります。本籍地から離れて住んでいる人は、郵送で取寄せるのが便利です。

もちろん、近くに住んでいる場合でも時間的に制限があり、なかなか役所にいけない人でも、郵送で取寄せることが可能です。

本籍地以外にお住まいの人は、居住地の市区町村の窓口で直接入手することはできません。・・・念のために。

<戸籍謄本(抄本)の取寄せ>
申請先 ・本籍のある市区町村の戸籍係
申請者 ・本人orその家族
・代理人の場合は、申請者の委任状が必要です
必要書類 ・郵送請求申請書
ほとんどの市区町村では、ネット上から、この申請書と具体的な記入例をダウンロードできます。

*申請書には以下の事項を記入します。
:本籍と戸籍筆頭者(戸籍の最初に名前が載っている人)
:必要な証明書の種類と部数
:申請者の住所、氏名、電話番号(日中連絡が取れる連絡先)
:申請者の署名と捺印
:使用目的(例えば不動産売買契約、パスポート申請など)

・返信用封筒
封筒には返信先の住所、氏名を記入し、切手を必ず貼っておきます。
手数料 ・戸籍謄本、抄本 それぞれ1通につき450円
・手数料の合計を定額小為替(ていがくこがわせ)で、申請書と一緒に郵送します。定額小為替は、全国どこの郵便局でも簡単に購入できます。

なお、定額小為替には、支払い先等の記入欄がありますが何も記入する必要はなく、そのまま郵送します。

・次ページ →住民票

HOME
戸籍の届出
戸籍原本
戸籍謄本(抄本)を
窓口で申請する方法
戸籍謄本(抄本)の取寄せ
住民票
住民票謄本(抄本)の取得
入籍届
転出届、転入届、転居届
転籍届
分籍届
就籍届
名の変更届
氏(姓)の変更届
外国人登録の切替と変更
外国人登録の届出
帰化許可申請と帰化届
国籍留保届
国籍選択の手続き

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved