HOME戸籍の届出>戸籍謄本(抄本)を窓口で申請する方法

戸籍謄本(抄本)を窓口で申請する方法

〜戸籍謄本・抄本を役所の窓口で入手するとき〜

戸籍謄本(抄本)の入手方法としては、直接役所の窓口で申請する方法と、郵送で取寄せる2つの方法があります。

ここでは、本籍地にお住まいで、直接、市区町村の窓口で申請する方法について。

窓口で申請する場合に注意すべきことは、窓口での取扱時間を確認しておくことです。一般的には、平日の指定された時間以外は受付されません。

また、役所の出張所でも受付けてくれる場合もありますが、市区町村によって違いがありますので、窓口での受付時間と同様に、事前に確認しておくのが良いでしょう。

現在、個人情報保護法の関係で、他人の戸籍を申請する場合は、正当な理由とそれを証明する書類がないと、不可能になっています。

<戸籍謄本(抄本)を窓口で申請する方法>
請求先 ・本籍のある市区町村の戸籍係
請求者 ・本人orその家族
・代理の場合は、申請者の委任状が必要です。また、請求を裏付ける書類が必要になる場合もあります。
必要書類 ・戸籍申請書
ほとんどの市区町村では、ネット上から、この申請書と具体的な記入例をダウンロードできますので、事前に申請書に記入しておくこともできます。
もちろん、窓口にも用意してありますので、その場で記入することも可能です。

*申請書には以下の事項を記入します。
:本籍と戸籍筆頭者(戸籍の最初に名前が載っている人)
:必要な証明書の種類と部数
:申請者の住所、氏名、電話番号(日中連絡が取れる連絡先)
:申請者の署名と捺印
:使用目的(例えば不動産売買契約、パスポート申請など)

・運転免許証、パスポートなどの本人が確認できる、写真入りの身分証明書。だだし、これらの証明書をお持ちでない方は、健康保険証でもOKです。(なるべく、運転免許証、パスポートがいいようです)
手数料 ・戸籍謄本、抄本 それぞれ1通につき450円


・次ページ →戸籍謄本(抄本)の取寄せ

HOME
戸籍の届出
戸籍原本
戸籍謄本(抄本)を
窓口で申請する方法
戸籍謄本(抄本)の取寄せ
住民票
住民票謄本(抄本)の取得
入籍届
転出届、転入届、転居届
転籍届
分籍届
就籍届
名の変更届
氏(姓)の変更届
外国人登録の切替と変更
外国人登録の届出
帰化許可申請と帰化届
国籍留保届
国籍選択の手続き

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved