HOME戸籍の届出>住民票謄本(抄本)の取得

住民票謄本(抄本)の取得

〜住民票の入手方法について〜

普段、公的な書類でなじみのあるものの1つが、ここで取り上げる住民票ではないでしょうか。

各種の手続きや届出をするときに、本人確認のために必要になってきます。住民票には、氏名・本籍地・生年月日・性別・住所・世帯主との続柄が記載されています。

「住民票謄本」は世帯全体の写しで、「住民票抄本」は世帯の中の1人だけの写しとなっています。謄本と抄本では、内容が違いますので住民票を取得する場合は、事前にどちらが必要なのか、確認しておくとよいでしょう。

現在、住基ネット(住民基本台帳ネットワークシステム)が稼動しています。
住民票の取得は、住基ネットに加入している自治体であれば、どこでも可能で、住民票が不要な、行政上の各種手続きも多くなっています。

ただし、これはあくまで行政への手続きや届出で、民間の契約などは、住民票の取得が必要になっています。

<住民票謄本(抄本)の取得>
請求先 ・住基ネット加入の自治体であれば、どこでも可能です
請求者 ・誰でも請求可能
必要書類 ・印鑑
手数料 ・住民票謄本、抄本 それぞれ1通につき約300円(自治体により違いがあり)









・次ページ →入籍届

HOME
戸籍の届出
戸籍原本
戸籍謄本(抄本)を
窓口で申請する方法
戸籍謄本(抄本)の取寄せ
住民票
住民票謄本(抄本)の取得
入籍届
転出届、転入届、転居届
転籍届
分籍届
就籍届
名の変更届
氏(姓)の変更届
外国人登録の切替と変更
外国人登録の届出
帰化許可申請と帰化届
国籍留保届
国籍選択の手続き

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved