HOME戸籍の届出>分籍届

分籍届

〜20才以上の成人が希望すれば、新しい戸籍が作れる制度〜

今までの戸籍から分かれて、新しい戸籍をつくる「分籍届」には、2つの代表的なケースがあります。

1つは、結婚したときに新しい戸籍をつくる場合で、婚姻届に新しい本籍地を記入し、提出するだけで新しい戸籍ができるため、改めて分籍届を出す必要はありません。

もう1つは、満20才以上になり本人が希望し、分籍の届出をして、親とは別の戸籍をつくる場合です。

分籍する場合は、基本的に日本国内であれば、どこにでも分籍できますが一度分籍すると、元の戸籍に戻ることができません。ただし、戸籍を分籍しても親の扶養義務や相続の権利などの、法的な関係は変わりません。

また、戸籍の筆頭者(戸籍の最初に名前が載っている人・・・通常は夫)とその配偶者は分籍できません。(夫婦ですから、当然のことですね)

<分籍届>
届出先 ・本籍地、転籍地or住所地の市区町村の戸籍課
届出人 ・分籍する本人のみ可能
必要書類 ・分籍届
・戸籍謄本。ただし、本籍地と同じ市区町村に分籍する場合は不必要。
・印鑑














・次ページ →就籍届

HOME
戸籍の届出
戸籍原本
戸籍謄本(抄本)を
窓口で申請する方法
戸籍謄本(抄本)の取寄せ
住民票
住民票謄本(抄本)の取得
入籍届
転出届、転入届、転居届
転籍届
分籍届
就籍届
名の変更届
氏(姓)の変更届
外国人登録の切替と変更
外国人登録の届出
帰化許可申請と帰化届
国籍留保届
国籍選択の手続き

 リンクについて
 相互リンク集
 サイトマップ
Copyrights(c)2007 手続き・届出110 All Rights Reserved